赤帽 アーク

いつもは赤帽かアークでしたが

 

見積もりを何社か取って決めました。

 

アーク引越センター、ラン引越サービス、赤帽です。

 

アークは引越の多い実家でよく使っていて、赤帽は以前何度か頼んだことが有りました。

 

今回、ラン引越サービスは、段ボールやガムテープのサービスがあり、見積もり価格も順当な価格だったので決めました。

 

この業者は作業がとてもてきぱきしていて見ていてとても感心しました。

 

作業手順も、これを先に運び出し、あれを後で、とすぐに段取りして効率良く作業していました。

 

作業員の方も皆てきぱきしており好感が持てました。

 

段ボールいっぱいに詰めた、自分なら持ちたくないような重たい荷物も、一度に二つ持って運んだり、丁寧でスピーディーな作業を心がけているとに感じました。

 

引っ越し先についてからも後でこちらが困らないようにと荷物の置き場など気を使ってくれました。

 

大手の会社ではありませんが、とてもよくしてくれました。

 

アークや赤帽も私のお気に入りの業者ですが、今回また1社、お気に入りが増えましたね。

 

自分の場合は荷物が多くて、引っ越し先の部屋の寸法を細かく調べました。

 

この部屋のあの壁に、このタンスとラックを並べることができるか?とか冷蔵庫を置いて隙間を数センチあけると、この食器棚は入るか?などかなり考えました。

 

数字の上では入りそうな物がいざ入れてみると入らない、思いのほかかさばる、といった事があります。

 

引っ越し前に様々な家具などの寸法を調べると良いと思います。

 

新居へ行って、その寸法に合わせた新聞紙などを置いて、どれくらいかさばるか、出っ張ってくるかなどを確認しておくとはかどります。

 

意外な盲点としては、電気のプラグです。

 

コードを差し込むと出っ張ってきて、予定していた物が置けないという事があります。

 

しっかりと寸法を調べ、かつ余裕をもった配置を考えておくと引っ越しがはかどると思います。